WEDDING CASE #2
ウエディングケース
ウエディングケース
WEDDING CASE #2
ウエディングケース
T&R様 WEDDING
挙式日 2018年3月24日
挙式会場 シェル エ メール(聖フランチェスカ大聖堂)
パーティ会場 シェル エ メール( GRADATE )
T&R様 WEDDING
T&R様 WEDDING T&R様 WEDDING
T&R様 WEDDING T&R様 WEDDING T&R様 WEDDING T&R様 WEDDING T&R様 WEDDING T&R様 WEDDING
T&R様 WEDDING T&R様 WEDDING
T&R様 WEDDING
T&R様 WEDDING T&R様 WEDDING
T&R様 WEDDING
01 挙式について
天井の高いチャペル、厳かな雰囲気が気に入りました。挙式はオリジナリティを出せる人前式を選びましたが、挙式としての“きちんと感”は欲しかったので、チャペルという場所がピッタリでした。
02 披露宴について
大人っぽいブルーの会場に、可愛らしいピンクを取り入れたコーディネートでした。
ナフキン、装花をピンクで統一。ゲストとたくさん話す時間を取りたかったため友人スピーチは無し、余興も1組のみにした。ゲストの負担を減らし、こちらからテーブルに向かいお喋りや写真撮影の時間を楽しんだ。親への感謝の気持ちをしっかりと伝えたかったため、新婦の手紙、新郎からのオリジナルソングを披露。ケーキトッパーを2人でさすセレモニー、ファーストバイトや、親からのラストバイトも行なった。
03 会場を選ぶ際の決め手は...
結婚式という大切なセレモニー、普段と同じではなく結婚式をしっかりと感じられるものにしたかった。そのためラフなところではなく非日常的な、きちんと結婚式場らしい所でしたかった。チャペルはもちろんのこと、壮大なスケールの大階段、ロイヤル感のある会場、どれも私のイメージに当てはまったので決めた。オリジナルの演出を提案してくれたセールスマンにも惹かれた。食べることが大好きな2人だったので料理の美味しさにも惹かれた(試食した)。試食付きのフェアが開催されていたことも良かった。
04 これから結婚される方へのアドバイス
手作りのアイテムを取り入れたい場合は早めに取り掛かることをオススメします。
また、手作り・持込みOKのアイテムなのかどうか早めにプランナーさんに確認を取って、自分が何を持込みしようとしているか伝えておくと、それに対して早めに対応をしてくれることも!BGMを考えるのも時間がかかるので、自分の好きな曲を予めリストアップしておくと、後から選びやすいです。
produced by CIER ET MER
WEDDING CASE #1 WEDDING CASE #1
to TOP
to TOP
RESERVATION

ご予約・お問い合わせ

FREE CALL. 0120-773-606
TEL. 0877-41-1122
平日 11:00~19:00 土日祝 10:00~20:00 
 火曜定休(祝・祭日は営業)